簡単楽しい!家でできる子どもの英語教育

幼児さんはもちろん、英語学習初心者におすすめしたいのが、英語でクイズを出し合うゲームをすることです。

めちゃくちゃ簡単なものでやると……

It’ red, round, a kind of fruit……

Apple?

Right!

みたいな。難易度はいくらでも、自由に変えられますし(^^)

It can run very fast. The body is so long, white and shining green, and has a pink line……some has purple line. You can see it at Omiya Station!

みたいな。

これをできるように準備していくと、けっこうたくさん単語を覚えられます。

  • colors 
  • shapes 
  • fruits  
  • vegetables 
  • animals 
  • countries

とか、他にも色々。

友達と自主的にやるのもいいですし、子ども相手にやるのもいいですし、授業で扱うのもめっちゃありだと思います。

目次

こういうクイズがおすすめな理由

何かしゃべろうとしたり、しゃべらせようとしたときに、日本語ですら、しゃべれないからです。

文法とか、語彙とかの問題ではなくて、そういうのよりもっともっと大前提の物があって、

それは、日本人の文化の問題です。

大多数の人が、他の大多数の人と意見を合わせる、みんなと同じがいい、違うことを嫌る、打たれたくないから出ない杭になりたい、みたいな文化が英語をしゃべることへの一番の障壁になっている

とわたしは思います。

英語は「イエス、ノー」をはっきりさせる言語であるのに対し、日本語は「まあまあ……」と意見をにごす言語だからです。このギャップが、日本人に英語をしゃべりづらくさせている大きな要因のひとつです。

大切なこととか、自分の核心にせまるようなことほど、言いづらい。バーンと言える人は少数派です。

自分や、自分の子どもがその少数派である可能性はどうですかね? 冷静に考えるべきですね。

議論や、意見を言えるよ言うになるのも大切ですけど。そういう教育を待って、議論や意見をはっきり言う訓練をしながら……っていうよりも、ツールとしてももっと簡単に英語を楽しく使えるようになっていった方が早いし、得だと思う。

だからクイズとか、ゲームを英語でやったらいいんじゃないかな。もっともっと。

うちのパパはPUBGみたいなやつ、海外の人としゃべってやっています。そんなぺらぺらしゃべれるわけじゃないのに、単語単語で言い合っていて楽しそうです。何かのゲームを一緒にやるときに、英語のみ!みたいなルールの中で、家族とか友達の中だけでも、やってみたらいいと思いました。

やる前に、どんな言葉が必要になるか予想して、調べておけたら最高ですね。間違ってもいいし、相手が使う言葉に合わせて修正していったらいいので。完璧主義を脱ぎ捨てて。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次